ユニテハウスと他のハウスメーカーとの違いは?

ユニテハウスとほかのハウスメーカーの大きな違いとして、住宅の形が挙げられます。
ユニテハウスでは基本的に箱型のシンプルなデザインですが、ほかのハウスメーカーではさまざまな形があります。これだけを聞くと形が自由に設計できる、ほかのハウスメーカーのほうが良いと勘違いされるかもしれません。
ユニテハウスは、形をシンプルな箱型を基本とすることによってコストを下げています。その結果、非常にリーズナブルな料金での住宅の提供を可能にしました。ほかのハウスメーカーではさまざまな形の住宅を取り扱っていますが、その分コストがかかってしまっています。カスタマイズをすることを前提としていることもユニテハウスの特徴です。ほかのハウスメーカーであればカスタマイズできる部分はかなり限られるというケースもあります。しかし、ユニテハウスではさまざまな部分をカスタマイズできるので個性を出しやすいです。カラーバリエーションも多く、色の選び方だけでも10通り以上あります。

ユニテハウスはほかのハウスメーカーと異なり、セミオーダータイプの住宅が基本です。一般的なハウスメーカーでは、建売タイプと注文住宅ははっきりと区別されていることが多く、購入者はそのどちらかを選ぶことになります。ユニテハウスの場合は基本のベースは決まっているものの、そこからさまざまなオーダーを入れることで理想の家づくりが可能です。完全な注文住宅に比べるとコストが低く、建売住宅に比べると自由度が高いという特徴を持っています。コスト面を重視しつつ、デザインの希望を反映してほしい方におすすめです。スケルトンインフィル設計ができる点も、ほかのメーカーとの差別化になっています。
スケルトンインフィル設計により、外壁の時点で高い耐震性をもたらしています。一般的なハウスメーカーでは外壁と内壁を組み合わせて耐震性を生み出していることが多いです。しかし、ユニテハウスの場合は、外壁だけでも十分な耐震性を持っているので、内壁のほうはデザインにこだわった設計ができます。

また、住んだあとにリノベーションやリフォームがしやすいメリットもあります。今後、家族構成が変わる可能性がある方にとって、利点の多い家の造りになっていると言えるでしょう。坪単価も安いので、費用面が心配な方も安心です。カスタマイズ性の高い家、ローコストで耐震性を確保したい方にとって、ユニテハウスはぴったりと言えます。アフターサービスが充実していることも、一般的なメーカーとの明確な違いです。