リフォームも視野に入れたい!リフォームの際に注意すべき事は?

家族構成の変化や古くなった住宅の刷新などを目的として、リフォームをするケースは珍しくありません。その際には、どのようにしたいのか明確な要望を伝えることが大切です。要望はなるべく細かく伝えることが重要となっており、大雑把な伝え方をしてしまうと、完成時点でイメージと異なる状態になる場合もあります。理想と現実のミスマッチを避けるには、文章や写真を使って要望を伝えることも有効です。書面に残しておくことによって、万が一のトラブルの際にも証拠として使用できます。

住宅の中にはリフォームできる部分と、できない部分があります。建物については建築基準法という法律がベースです。この法律に反することは行うことができません。特に、増改築で床面積が増加するときには注意が必要です。屋根や外壁についても防火指定に触れることがあるので、完全に自分の思ったとおりの自由なリフォームができるわけではありません。また、住宅を建てた際の耐震性を損ねてしまうような変更をしないことも大切です。どの部分を動かせば耐震性に影響が出るのかといったことは、プロの目でないとわかりません。リフォームする前にはハウスメーカーなどに相談して慎重に進めていきましょう。

リフォームには、まとまった費用が必要となります。しかし、一部自治体からの補助金が出る場合があります。例えば、お風呂場に手すりを付けるといった変更の場合には介護のためのリフォームとみなされることがあり、認定を受ければ補助金を受け取れることも少なくありません。とは言うものの、リフォームの補助金には注意点があります。それは正式な申請を行い、認められることが条件になっていることです。いかに対象のリフォームを行ったとしても、認定を受けられなければ補助金は支払われません。施工会社にも確認を行い、申請方法なども聞いておくようにしましょう。

非常に大規模な増改築を行う際には、リノベーションとして扱われることがあります。店舗を住宅にする場合にはリノベーションも視野に入ります。増改築は今ある建物を活かすうえで非常に有効な方法です。しかしながら、そこには大きな費用と時間がかかります。そのため、最初に住宅を建てる際に、今後増改築する可能性があるのか、あるとしたらどの部分かなどを考えておきましょう。住宅の中には増改築のしやすい住宅と、そうでない住宅があります。住宅を購入する段階でそういった部分を細かく見ておくことにより、後悔する可能性を減らせます。

こだわりたいキッチン!システムキッチンメーカー探しました。

システムキッチンは各社が力を入れている分野の1つです。パナソニックのシステムキッチンは、お手入れのしやすさが大きな特徴となっています。レンジフードにおいては10年間もお手入れする必要がなく、掃除の手間を大幅に省くことができます。掃除の手間がかからないのは、料理のあとに油汚れを自動的に掃除してくれる、パナソニックの技術があるからです。パナソニックではシステムキッチンに使用している素材にもこだわっています。傷や汚れに強いグラリオという素材を使用しており、見た目の美しさも特徴です。コンロの手元にはコンセントが用意されているので、さまざまなキッチンの機器を使用することができます。家電メーカーのパナソニックらしいアイデアです。

LIXILのシステムキッチンは、構造や高さ、向きなどを工夫して使いやすさを追求しています。暮らしに調和するデザイン性にも定評があり、見た目もスタイリッシュです。LIXILのシステムキッチンでは、ワークトップの素材としてセラミックを使用しています。セラミックは非常に熱に強いため、フライパンなどを置いても問題ありません。包丁などが当たったとしても簡単に傷がつかないので、安心して料理を楽しめます。
シンクには、ハイブリッドクォーツシンクが使われているのが特徴です。これはセラミックとの相性抜群の素材であり、拭くだけで多くの汚れを落とすことができます。強度も高く、万が一、調理器具を落としてしまったとしても割れることは極めて少ないです。変色しにくい材質でもあるので、長期間の使用を続けることができます。

TOTOではクラッソなどをはじめとする、さまざまなシステムキッチンを販売しています。クラッソでは大理石調のカウンターを採用しており、ワンランク上のラグジュアリーさを感じられます。バイブレーション仕上げと銀河エンボス仕上げの2パターンを用意しているので、好みに合わせて選択可能です。
キッチンの水栓にこだわっているのもTOTOの特徴です。ワンタッチで浄水機能を切り替えられる水ほうき水栓を取り入れており、省スペースでありながらも高い利便性を実現しています。よく見かける銀色のクロムメッキだけでなく、ブラッシュドブラックというシックなカラーも用意されているので、住宅全体のイメージに合ったほうを選べます。どのメーカーもシステムキッチンの商品はいくつも販売しているので、違いを比較して自分の使い方にあったものを選択してみてください。

ユニテハウスと他のハウスメーカーとの違いは?

ユニテハウスとほかのハウスメーカーの大きな違いとして、住宅の形が挙げられます。
ユニテハウスでは基本的に箱型のシンプルなデザインですが、ほかのハウスメーカーではさまざまな形があります。これだけを聞くと形が自由に設計できる、ほかのハウスメーカーのほうが良いと勘違いされるかもしれません。
ユニテハウスは、形をシンプルな箱型を基本とすることによってコストを下げています。その結果、非常にリーズナブルな料金での住宅の提供を可能にしました。ほかのハウスメーカーではさまざまな形の住宅を取り扱っていますが、その分コストがかかってしまっています。カスタマイズをすることを前提としていることもユニテハウスの特徴です。ほかのハウスメーカーであればカスタマイズできる部分はかなり限られるというケースもあります。しかし、ユニテハウスではさまざまな部分をカスタマイズできるので個性を出しやすいです。カラーバリエーションも多く、色の選び方だけでも10通り以上あります。

ユニテハウスはほかのハウスメーカーと異なり、セミオーダータイプの住宅が基本です。一般的なハウスメーカーでは、建売タイプと注文住宅ははっきりと区別されていることが多く、購入者はそのどちらかを選ぶことになります。ユニテハウスの場合は基本のベースは決まっているものの、そこからさまざまなオーダーを入れることで理想の家づくりが可能です。完全な注文住宅に比べるとコストが低く、建売住宅に比べると自由度が高いという特徴を持っています。コスト面を重視しつつ、デザインの希望を反映してほしい方におすすめです。スケルトンインフィル設計ができる点も、ほかのメーカーとの差別化になっています。
スケルトンインフィル設計により、外壁の時点で高い耐震性をもたらしています。一般的なハウスメーカーでは外壁と内壁を組み合わせて耐震性を生み出していることが多いです。しかし、ユニテハウスの場合は、外壁だけでも十分な耐震性を持っているので、内壁のほうはデザインにこだわった設計ができます。

また、住んだあとにリノベーションやリフォームがしやすいメリットもあります。今後、家族構成が変わる可能性がある方にとって、利点の多い家の造りになっていると言えるでしょう。坪単価も安いので、費用面が心配な方も安心です。カスタマイズ性の高い家、ローコストで耐震性を確保したい方にとって、ユニテハウスはぴったりと言えます。アフターサービスが充実していることも、一般的なメーカーとの明確な違いです。

【番外編】ユニテハウスのフランチャイズについて

ユニテハウスは、フランチャイズ展開も行っています。ユニテハウスの高い実績やノウハウを活用し、自社の事業を拡大させることが可能となっています。また、フランチャイズ加盟店に対するサポート体制は非常に充実しています。
そのうちの1つが展示用地診断です。住宅などを購入する際に展示場を見に来るお客さんは非常に多く、どの場所を展示場の用地にするかは重要な判断となります。もちろんユニテハウスにはノウハウがあるので、診断を受けることによって有意義な判断を下すことができます。フランチャイズに加盟すると開業前研修を受けることが可能です。
開業してから問題が発生すると、営業と並行して問題解決をしなければならず、運営の行き詰まりにも繋がります。それゆえに開業前にいかに有効な準備をしておくかがポイントです。ユニテハウスには高い実績があるため、研修の精度も極めて高いです。営業、設計、工務において大切なことを確認してもらえます。

ユニテハウスのサポートは開業後も続いていきます。スーパーバイザー指導、設計図作成代行、販促物のアドバイスなど、その内容は枚挙にいとまがないほどです。また、コンベンションの開催もしてもらえるのが特徴となっています。お客さんはそれぞれのハウスメーカーに対してどれくらい信用できるかをチェックしているので、ユニテハウスにコンベンションを開催してもらえることは極めて大きなメリットと言えるでしょう。

ユニテハウスはいくつものサポートツールを用意していて、フランチャイズに加盟するとそれらのツールを全て使用できるようになります。ツールの中には各種マニュアルや店舗専用ページが含まれます。中でも特に大切なのがセレクトガイドです。これは打ち合わせの際の仕様を決めるツールとなっています。このツールを1から作るのは非常に難しいので、本部からの提供を受けられるメリットは非常に大きです。

また、推奨プランの図面一式も使用できるようになります。営業を開始して間もないころはこの図面一式だけを使えば、ほとんどのプランを作ることが可能です。各種の販促ツールもついているので、まさに至れり尽くせりの環境と言えます。
ユニテハウスの持つさまざまな工法の強みも使えるようになり、建築の技術や知識は跳ね上がることでしょう。もちろん、フランチャイズに加盟することで、ロイヤリティを支払わなければならなくなりますが、その料金を支払っても加入するメリットは大きいと言えるでしょう。

ユニテハウスは耐震性も強い!「モノコック構造」とは?

ユニテハウスの代表的な構法として、モノコック工法があります。モノコック工法は、もともと航空機などに採用されていた工法です。極めて高い強度が必要なときに有効な工法となっており、ユニテハウスではこれを住宅に採用することによって高い耐震性を実現しています。ユニテハウスのモノコック工法では、柱や梁などの骨組みに頼らずに住宅全体の強度を高めることが可能です。天井、壁、床などの耐震性が特に高く、地震が頻発する地域の建物としても非常に優秀な性能を発揮します。

モノコック工法では柱や土台などを構造用パネルで一体化します。その結果、でき上がるのが6面体の箱型です。これがユニテハウスの最もスタンダードな家の形であり、ここから柔軟なカスタマイズを施すことで、オンリーワンの住宅を生み出すことができます。モノコック工法では、基本的にツーバイフォーという構造が採用されます。基本構造材に2インチ×4インチの建材を使用することから、この名が付きました。非常に高度な工法の1つですが、ユニテハウスではツーバイフォーのマニュアル化に成功しているので、職人ごとのばらつきなく高品質な住宅を建てることができます。オプションを選択することによって、ツーバイシックスへと進化させることも可能です。

モノコック工法は、F1のレースカーにも使用されています。なぜそこまでの強度が建築で必要となるのかと感じる方もいるかもしれません。日本では数年から十数年に1回以上のペースで大きな地震が発生しています。現行の耐震基準を満たしていたとしても、未知の震災に対してどこまで耐えられるかは多くの方の関心事です。そこで、ユニテハウスは耐震基準を満たすだけでなく、モノコック工法による極めて優秀な耐震性能を住宅に付与しています。お客さんに安心して暮らしてもらうための工夫と言えるでしょう。
モノコック工法で建てられた家は、変形にも強いという特徴があります。一般的な工法では、地震で倒壊しなかったとしても、骨組みなどが歪んで変形してしまう可能性を否定できません。しかし、ユニテハウスのモノコック工法の場合には、地震などの力を面で受け止めることができます。そのため、変形してしまうリスクが限りなく低くなっているのです。地震だけでなく、台風や豪雨などにも強いので、変わりゆく気象状況にも対応できます。ユニテハウスのほとんどの商品に共通してツーバイフォーが採用されているので、選ぶ際も安心です。

スマートユニテとは?どんな内容?分かりやすく解説!

ユニテハウスの中でも特に人気となっているのがスマートユニテです。これは建物の外周部と内部の構成要素を切り離して設計を行った住宅です。外周部の壁で住宅の強度を上げることによって、内壁に頼らない耐震性を生み出しています。その結果、内壁の部分ではデザイン性にこだわることができます。もちろん、内壁にも耐震性を付与して一層の強度を生み出すことも可能です。

カスタマイズ次第で、さまざまな特徴を持つのがスマートユニテの特徴です。内壁の部分は、施工後であってもリフォームで簡単に変更を加えられるので、将来的にリフォームする予定がある方にもうってつけです。スマートユニテでは箱型の住宅の規格化がなされており、マニュアル化も細かく行われています。そのため、短い施工時間でハイクオリティな住宅を建てることができます。それでいて気密性や断熱性も確保されているのが特徴です。ユニテハウスでは高性能グラスウール20Kを採用しています。これを天井、外壁、床下の3か所に使用しており、材質を統一していることも特徴です。材質を統一することによって、余分なコストが発生することを押さえています。スマートユニテの外壁は約9cmもあり、高い断熱性が期待できます。

スマートユニテの窓断熱装備として、乾燥空気を封入した窓ガラスとアルミ樹脂を複合したサッシがあります。これは一般的な住宅としては定番のガラスサッシですが、ローコスト住宅に使われていることは珍しいです。つまり、スマートユニテはローコスト住宅でありながらも、一般的な住宅に匹敵するガラスサッシを使っている、ワンランク上の家であると言えます。

ユニテハウスの住宅にはZEH50というオプションを付けられます。これは断熱性能などの省エネ部分を強化したユニテハウスの独自規格です。この規格にするとツーバイシックスに変更がなされます。その結果、付加断熱とトリプルガラスが採用されます。そのままでも強度の高いスマートユニテの性能を一層向上させることが可能です。ガラスの中には通常の空気ではなく、アルゴンガスが封入されており、さらに強度が強くなります。スマートユニテの良さを一層引き出すという意味でも、ZEH50は非常に有効です。スマートユニテでは150種類以上のモデルから選択することができます。通常のモデルでも非常に優れた住宅を建てることができますが、オプションを付け加えることによって性能をさらに高めることをおすすめします。

ユニテハウスの強みや他社との違いは?

家と建築士のミニチュア

ユニテハウスの特に大きな強みとなっているのが、スケルトンアンドインフィルという構造を採用していることです。このスケルトンアンドインフィルは、将来的に間取りの変更ができる作りになっていて、家族構想が変わる可能性がある方にとって大きな利点と言えます。また、ガルバリウム鋼板を使っていることも強みです。ガルバリウム鋼板は極めて強度が高い素材であり、この素材を外壁に用いることによって、災害に強い住宅を造れます。多種類の素材で住宅を作るのではなく、本当に優秀な素材にこだわって使用することによって、結果的にコストを下げることに繋がっています。

室内に余分な柱がないこともユニテハウスの住宅の特徴です。これはツーバイフォーという工法が生み出すメリットであり、余分な柱がないことによって自由度の高いレイアウトを実現できます。アイランドカウンターやセレクト照明なども、簡単に取り入れることが可能です。カラーバリエーションが豊富であることもユニテハウスの強みとなっていて、カラー次第で全く別の印象になります。1つ1つのカラーも単純なものではなく、日当たりや見え方などを計算して作られているところがポイントです。周辺の建物に溶け込ませることもできますが、反対に際立たせることもできます。さまざまな需要に応えられるハウスメーカーがユニテハウスです。

ユニテハウスの弱みはほとんどありませんが、強いて言うなら形の制限があることです。ユニテハウスは箱型の住宅をパッケージ化しており、その形が基本となります。パッケージ化された形が好みに合わない方には、あまりメリットが感じられないでしょう。とはいうものの、ユニテハウスの箱型住宅は汎用性の高いデザインとなっており、メリットとして挙がるケースのほうが多いです。

ユニテハウスにはほかのハウスメーカーとの明確な違いがあります。内観の選択肢が多彩であることも他社との違いと言えるでしょう。基本の外観や内装はシンプルになっていて、カスタマイズを行うことによって内容を充実させることが可能です。最初からデザインが固まっているタイプのハウスメーカーとは、明確に異なると言えます。自分好みの住宅を作りたいという方にはうってつけです。反対に、何でも最初から決まっていたほうが良いという方にはやや不向きかもしれません。

ユニテハウスの住宅には余分な柱がありませんが、強度は非常に高く維持されています。これは柱だけでなく、住宅全体の強度を高める工法を採用しているからです。

ユニテハウスの坪単価や口コミを集めてみました!

緑色の家のミニチュアと設計図

ユニテハウスはローコスト住宅を幅広く提供しており、インターネット上にはさまざまな口コミが寄せられています。口コミの中でも特に多く書かれているのが、完成までのスピードが早かったということです。ユニテハウスは洗練されたデザインをパッケージ化しており、規格を明確に定めています。そのため、施工を正確かつスピーディーに完了させることができるのです。利用者から見れば、施工が早く終わってすぐに住めるようになったという印象に繋がります。

また、オプションで自在な変更ができたという口コミもありました。ユニテハウスの口コミを見ていくと、オプションを利用している方と、そうでない方に分かれています。どちらかというと、オプションを利用している方のほうが、高く評価している傾向があるようです。

ほかの口コミの中には、見積もりがもっと早い方が良いという意見も見受けられました。ユニテハウスは人気が高まっているハウスメーカーです。そのため、注文が増えていて、見積もりが出るまでの時間がやや長くなっている可能性があります。しかし、悪い口コミはそれほど多くなく、良い評判のほうが多かったです。

ユニテハウスの坪単価は、35万円から45万円前後となっています。これは、ほかのハウスメーカーと比較しても、かなり安い水準です。特に、スマートユニテは坪単価が安くなる傾向があります。ところが、ユニテハウスではカスタマイズやオプションを前提としている商品も含まれています。必要なオプションを追加していくことで、坪単価がやや上がる可能性があることに気を付けておきましょう。とはいえ、カスタマイズやオプションを充実させたとしても、坪単価が50万円台になることはほとんどありません。ローコスト住宅であることに変わりはないと言えるでしょう。

ユニテハウスがここまで低価格で住宅を提供できるのは、構造をパッケージ化しているからです。箱型の住宅をパッケージ化することにより、職人の力量などに頼らなくても優れた住宅を作ることができます。その結果、さまざまなコストを下げることができて、安い坪単価での建築が実現可能です。口コミの中にも価格の安さを評価する声が見受けられます。ただ、坪単価とは別にアフターサービスなどに費用がかかることには注意が必要です。そのことを勘違いして、低評価を付ける方も少なからずいます。パッケージ化だけでなく、ツーバイフォー工法による低コスト化も実現しているので、全体的な評判は基本的に高く、人気があることがうかがえます。

ユニテハウスの商品内容は?

温かみのある木目調の部屋

ユニテハウスの代表的な商品として挙げられるのが完全自由設計の家です。さまざまな部分を自由に設計できるので、自分たちが理想として描いてきた家を生み出せます。完全自由設計の家をオーダーするときには、まず大きさを決めましょう。さまざまな敷地の広さや形状に対応できるよう、家の大きさに合わせたサイズのバリエーションが用意されています。幅と奥行きと高さのバリエーションは21タイプです。88平方メートルほどの面積にも対応できるので、サイズへの対応力も高いと言えます。

大きさを決めたあとは、屋根のタイプを決めます。屋根は雨風から住居を守る重要な部分であると同時に、遠くから家を見たときの印象を大きく左右する部分です。ユニテハウスでは、シンプルで機能的な屋根のタイプを4つ用意していて、その中から購入者が好みのものを選択します。どの屋根が良いか分からないときには、担当の方からアドバイスをもらうこともできるので、気軽に相談してみましょう。定番の陸屋根や切妻屋根などの形状以外にも、R屋根といった珍しいデザインを選ぶことが可能です。

屋根の次は外観を決めていきます。ユニテハウスは、外観のカラーバリエーションとして12タイプを用意しています。このカラーの選択次第で、家の印象が大きく変わる重要なポイントです。1つ1つのカラーにもこだわりが見られ、いずれのパターンも人気があります。

外観のあとは内観選びです。ユニテハウスの内観は大きく分けて12種類用意されています。一例として、ジャパニーズモダンやプロヴァンスなどが挙げられます。家を建てる前に内観のイメージを確認できるので、安心して設計を進めることが可能です。

最後に決めるのが部屋の仕切り方です。家族構成や暮らし方によって、ベストな仕切り方は異なります。さまざまなケースに合わせることができる点こそ、ユニテハウスの大きな強みです。

ユニテハウスのコンセプト住宅として、スマートユニテがあります。これは160種類のプランの中から選択していくことで、自分に合った住宅ができ上がる仕組みになっています。完全自由設計の家に比べると自由度が少し下がりますが、住宅のイメージができ上がるまでが早いところが特徴です。また、パッケージ化がなされているのでコストが低く、リーズナブルな価格で購入することができます。ユニテハウスでは、スマートユニテの展示場をいくつも用意していて、いつでも見学が可能です。先に家のイメージを固めてしまいたい方にメリットが多く、人気を集めるコンセプト住宅になっています。

良い事をお伝えしましたが、もちろんデメリットも存在します。

ユニテハウスを検討している方はデメリットも含めて検討するようにしましょう。